亜鉛不足セルフチェック

自分が亜鉛不足に陥っていないか、体の状態から確かめることが可能です。
ここで挙げるような変化が体に起こっていないかチェックしてみましょう。
ひととおり挙げると、肌荒れが目立つ、二日酔いが起こりやすい、抜け毛の本数が多い、傷の治りが遅い、爪の変形や変色がある、疲労を感じやすい、眼の疲労がある、精力が減退している、月経不順がある、立ちくらみがする、物忘れをよくする、味覚がおかしい、風邪に罹りやすいといった具合です。
どれだけ該当するかは個人差があるでしょうが、該当する症状が多い人ほど亜鉛が不足している可能性が高いでしょう。
亜鉛が足りないことが原因でこうした症状が引き起こされているかどうかは、毎日十分な量の亜鉛を摂取してみるとわかるのではないでしょうか。
しっかりと亜鉛を摂取し続けたことにより該当したトラブルが解決すれば、それはやはり亜鉛不足が原因だったと判断することができるでしょう。
また、亜鉛を十分に摂っているにも関わらず症状がなくならない場合には、別のところに原因があると考えることができます。
亜鉛はミネラルの一種ですが、食品でいうと肉類、魚類、穀物に豊富に含まれているという特徴があります。
不足しているかもしれないという人は、毎日の食事の中に亜鉛がたくさん含まれているものを積極的に取り入れましょう。
なお、亜鉛は毎日15ミリグラム程度必要といわれています。
食事だけからこの量を満たすのが難しいという人は、健康食品でカバーするという方法を選択しても良いでしょう。